About

私たちの創設者、ミスター。 ロビンHEは、1985年にアロワナの名前が市場に浸透して以来、アロワナ愛好家の1人です。

彼の魚への情熱は若い頃から始まります。 彼は熱帯魚の愛好家として10歳で始まり、それ以来彼の情熱はますます大きくなりました。 彼のアロワナへの情熱は、最高品質のものを探して集めるために、赤いアロワナの生息地である深く素朴な西カリマンタンへの多くの探求に時間を費やしました。 その後、アロワナでの取引を開始しました。

氏。 ロビンと呼ばれることを好んだロビンHEは、常に彼自身のために彼の創設から最高のアロワナを選び、彼のプライベートコレクションとしてそれらの世話をしています。 このようにして、1993年に繁殖農場を成功裏に始めたとき、彼は最高の大人のアロワナを手に入れました。アロワナの収集、選択、世話、取引の経験は約25年になります。 この経験と、第一世代としての彼のプライベートコレクションからの彼の最高の大人のアロワナと一緒に、私たちの農場がチャンピオン品質のアロワナを常に生産している理由は間違いありません。

氏。 ロビンHEは、最高品質のアロワナの描写を開始する重要な人物でもあります。 最高のアロワナは、幅の広い細長い体、スプーンの頭の形、長く真っ直ぐな触手、曲がりのない滑らかでバランスの取れた胸びれ、バランスのとれた広い形の尾、背びれ、肛門のひれ、それにもかかわらず美しい赤い色を持っている必要があります。 この説明から、日本のアクアルビーの高橋氏は、彼が彼の農場からの最初の品種である「ロビンズレッド」と呼ばれるべきであると示唆します。 1996年にさかのぼります。当時、彼は人の名前の後にREDという単語を関連付けた最初の男性であるため、この名前は彼にとって名誉ある業績です。 今日、ロビンズレッドは非常に人気があり、多くのブリーダーは名前の後にレッドという言葉を付けて彼のステップを踏襲しています。

年が経つにつれて、ますます多くの愛好家が高品質のアロワナを望んでいました。 その後、2008年以来、インドネシアのアロワナ愛好家協会はアロワナコンテストを国際レベルに引き上げています。 これらのコンテストには、多くの国からの審査員がいます。 世界中のアロワナ愛好家がこれらのイベントで団結しています。 ロビンアロワナファームは常にこれらのチャンピオンシップに参加しており、それ以来、すべての最も権威のある賞を受賞することで、常にチャンピオン品質のアロワナを生産していることを証明しています。 5年連続です。

私たちのアロワナは、WTCジャカルタ-インドネシアで25-29にACI CUP 1のグランドチャンピオン、2013年6月21-30日にセマラン-中央ジャワ-インドネシアでウンガランアロワナコンテストのグランドチャンピオン、アクアラマ国際魚コンクールのグランドチャンピオンになると発表されましたサンズエキスポ&コンベンションセンターで2013年5月30日から6月2日にシンガポールのマリーナベイサンズで、ボルネオ国際アロワナコンテスト&エキスポ2013のグランドチャンピオンとヤンググランドチャンピオンがインドネシアの西カリマンタンのポンティアナックにあるポンティアナックコンベンションセンター(PCC)で15日に- 2013年3月17日、インドネシアペットのグランドチャンピオンとヤンググランドチャンピオンがWTCマンガドゥア(ジャカルタ-インドネシア)でアクアティックエキスポ2012を計画、アロワナショー2011コンペティションでグランドチャンピオンとヤンググランドチャンピオンがインドネシアのモールでインドネシア森林省によって開催されました-2011年9月25日(ジャカルタ-インドネシア)。

私たちのアロワナは、WTCマンガドゥア(ジャカルタ-インドネシア)でのインドネシアペットプランアクアティックエキスポ2010のグランドチャンピオン、ポンティアナック(西カリマンタン-インドネシア)でのボルネオ国際アロワナコンテスト&エキスポ2010、WTCマンガドゥアでのアルファマートWTCフィッシュコンペティション2009(ジャカルタ-インドネシア)、ポンティアナックでの国際アロワナ展示会&コンテスト2008(西カリマンタン-インドネシア)、セマランアロワナコンテスト-市長杯2008(セマラン-インドネシア)、およびマンガドゥアモーニングマーケットアロワナコンペティション2008(ジャカルタ-インドネシア)。

氏にとってそれを見るのは明白です。 ロビン、アロワナのチャンピオンの質を維持し、向上させることは、最高の誇りと満足です。 そのため、彼は世界中のアロワナ愛好家に最高のアロワナを提供し続けることを約束しました。 そして間違いなく、チャンピオン品質のアロワナがロビンアロワナファームのシグネチャーであることを確信しています。